女性

国民年金の制度

サンプルPR_Link6‐サンプルリンク

サンプルサンプルサンプルサンプルPR_Link7‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

特別障害給付金制度

女性

国民年金では、障害年金を貰えなかった障害者の方の為に、特別障害給付金と呼ばれる制度が2017年の4月に始まろうとしています。この特別障害給付制度は、無年金者を防ぐための制度です。なぜなら、障害年金制度に入れる状態の障害を持っていても国民年金に加入することが出来なかったためだからです。そんな人でも制度が受けられるようにとつくられかけているのが、その特別障害給付制度なのです。しかし、その制度は障害等級1級と2級の65歳になる前日に、当該障害の状態になっていた方しか利用することが出来ませこの制度に加入するには、地元の市役所に申込む必要があるのです。支給される額は、障害等級1級の方につき5万円です。そして、2級の場合は、4万円を貰うことができるのです。また、その支給額は、毎年変わる消費者物価指数によって、見直されるのです。

無料相談が受けられる

障害年金制度では、無料相談が行われています。そこでは障害年金に関して疑問を抱いている方が気軽に相談ができるようにするために、行われているのです。そのため、自分がどのくらいの障害年金を貰えることが出来るのか、手続きを進めて良いのかなどを相談することが出来ます。これから申請を検討している場合でも、この無料相談を受けることができるので、安心して障害年金制度を利用することが出来ます。しかし、その無料相談を利用するには、ネットからの予約が必要になります。

サンプルサンプルPR_Link8‐サンプルサンプルサンプルリンク

サンプルPR_Link9‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

PR_Link10‐サンプルサンプルサンプルリンク

年金請求

女性

障害年金を請求するには、要件と障害等級をしっかり知っておくことが必要です。特に障害等級は下がっていくごとに不便さが違ってくるので、それをきちんと把握しておくようにしましょう。

サンプルPR_Link11‐サンプルリンク

読んでみよう

国民年金と厚生年金

女性

国民年金と厚生年金から支給される障害年金は、障害等級の金額に合わせてもらうことができるようになっています。障害が重ければ重いほど倍の金額が支給される仕組みです。

サンプルサンプルサンプルサンプルPR_Link12‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンクサンプルリンクサンプルリンクサンプルサ

読んでみよう

初診と年金

女性

障害年金は初診が非常に大事です。何故なら、初診の日は厚生年金と国民年金のどちらかに加入するからです。その二つのうちのどちらかに入ることによって、どのくらいの額の障害年金が貰えるのかが違ってきます。

サンプルサンプルPR_Link13‐サンプルサンプルサンプルリンク

読んでみよう